ホワイトニングの種類


歯を白くするホワイトニング方法は大きく分けて3つの方法があります。一つは歯科医院内で行われるオフィスホワイトニングです。高濃度のホワイトニング剤を歯に塗布し、そこに光や熱を加えて歯を白くする方法です。最近では更に高濃度の薬剤を仕様し、光を当てずに化学反応を起こさせる方法もあります。照射の機械が必要ないため、取り扱う歯科医院が増えてきている方法です。オフィスホワイトニングは歯科医師や歯科衛生士が行います。高濃度の薬剤を取り扱う事ができるため1回の施術で効果を実感できる利点があります。決まった期日までに歯を白くしたい場合に向いています。

ホワイトニングホームホワイトニングは専用のマスウピースを作成、一定の時間装着する事でホワイトニング剤を歯にしみ込ませる方法です。オフィスホワイトニングに比べると1回での効果は薄いですが、自宅でできる事と少しずつ薬剤をしみ込ませる事で黄ばんだ歯も白く変える効果が期待できます。装着する時間は寝ている間にマウスピースを装着するナイトタイプと、日中の間の数時間装着するデイタイプに別れます。

ポリリンホワイトニング従来のホワイトニング剤にポリリン酸を混ぜる事で刺激を和らげるホワイトニング方法です。従来のホワイトニング剤では歯がしみてできなかった人でも、ポリリンホワイトニングならしみずに使える可能性があります。ポリリン酸の一種は食品の変色防止にも使われるものですから、安全性は問題ありません。